オーツケミカル株式会社

ウレタンゴム技術開発と品質のパイオニア

Menu

会社沿革

会社沿革

1971年3月 現会長がオーツタイヤ(株)〔現:住友ゴム工業(株)〕特品部からウレタンゴム工業用部門を分離、独立して大阪府高石市綾園に大阪事務所を開設する。
1971年8月 香川県豊浜町に本社工場完成と同時にオーツケミカル(株)を設立、 資本金800万円とする。
1972年10月 本社工場に大型加熱炉(10m)を増設し、製紙用サクションプレートおよび各種長尺ロール類の生産を開始する。
1979年9月 大阪事務所を大阪府高石市東羽衣に新築し、移転する。
1982年5月 本社第二工場を建設、大型注型機・加熱炉を導入して製鉄所向け大型ロールの本格生産に入る。
1983年10月 OA関連の精密部品製造工場として、大阪工場を大阪府高石市取石2丁目に建設する。
1987年9月 資本金を1,600万円に増資する。
1987年11月 中部地区の営業拡充ならびに生産体制強化のため愛知県小牧市に小牧営業所を開設する。
1988年8月 大阪府高石市取石4丁目に社屋を移転し、大阪営業所を移転するとともに加工工場及び物流センターを併設する。
1989年7月 本社を四国から大阪に移転、資本金を2,080万円に増資する。
1990年8月 資本金を2,500万円に増資し、小牧加工工場を建設する。
1990年10月 中国地区の営業拡充のため倉敷営業所を岡山県倉敷市に開設する。
2001年4月 鹿嶋営業所を神栖町に開設する。
2002年5月 資本金を4,000万円に増資する。
2003年5月 ISO9001-2000年版 認承取得する。
2005年2月 オーツケミカル(株)の製造部門である(株)タンデムが注型・加工の3工場を統合し、大阪の生産拠点をタンデム和泉工場に集約する。
2005年3月 鹿嶋営業所を鹿嶋市に移転する。
2007年4月 関東地区の生産拠点として、鹿嶋工場を建設する。
2007年12月 資本金を5,500万円に増資する。
2009年7月 代表取締役社長に合田研吾が就任。前社長の合田房雄は代表取締役会長となる。
2009年8月 小牧営業所・加工工場が小牧市横内に移転する。
2011年1月 和泉営業所を開設する。
2015年4月 白井営業所・白井工場を開設する。(池田喜株式会社よりエラストマー事業部を譲り受ける)
2015年8月 ISO14001-2004年版 認承取得する。
2017年12月 ベトナム ハナム省にOMケミカル有限会社(合弁会社)設立
2018年10月 OMケミカル有限会社 工場稼働

ウレタン商品の
お問い合わせはこちら

072-275-1170(代)
(受付時間 9:00〜17:00)土日祝は休み

メールでの
お問い合わせ

PAGE
TOP